集中して遊べる空間

 こどもたちが遊びに集中できることは、こどもがその活動をしたいという主体性や意欲をもて、それを持続することができていると言い換えることができます。“自立的に遊んでいる”とも言えるでしょう。

 そのような観点から、遊びへの集中力を環境がサポートできる部分は少なからずあります。遊びに集中できること、遊びが持続発展していくことで、思考力や想像力を存分に深めることができますし、絵本を読むことなどが対象となれば、物語の世界に没頭できることで豊かな言葉や想像力にもつながるでしょう。もちろん、集中して遊び込めることは情緒の安定という側面もあり、自分や自分たちの世界観を深めていくプロセスのなかで、感性や心情などの心的世界の深化の効果も期待されます。

 自分だけの世界にも入りやすい環境づくりとしては、まずは座る「向き」の設定があげられます。みんなとの物理的距離というよりも心理的な距離を、身体の向き、視線の向きで調整します

 写真は、顔を上げると「みんな」の様子が見える場所に、机と椅子が設置されており(向かいは病棟保育士の作業机)、カーテンを引いた状態では、右側に見える棚とともに視界が遮られて、集中することができます。この席は、学童などが勉強もできるようにという目的でつくられましたが、いまでは年少児にも人気のある場所になっています。この場所では、振り返れば「みんな」がいる、様子がわかる、という安心感のなかで、自分の世界に入ることができます。

 また、視覚的に他の空間と仕切られたゾーンでは、“自分の遊び”の世界をつくりやすいと言えます。空間的に幅や高さが「くびれ」ている、ゲート状の空間を通っていくと、世界の切り替えを意識づけやすいでしょう。ドアの開閉も、同様に世界の切り替わりを感じさせます。

 写真は、大人が覗ける高さの壁に囲われたおままごとのゾーンです。中の様子が見えるよう、窓も開いています。完全に、中の世界に浸って遊ぶことができる空間になっています。

 作り込まれた場所だけではなく、ちょっとした隙間や「小さな空間([小さな居場所])」も、こどもたちにとって集中して遊び込める場所になります。写真は、入院してきたばかりの小学生のこどもが、ひとりでプレイルームにやってきて、小さな囲われた場所で玩具を触りはじめたところです。不慣れな環境への不安な気持ちが、遊びに集中することで和らいでいきます。ちょうど、こどもたちの身体寸法にあった「隙間に見える空間」や、段差などによる「他の場所と異なる場所の雰囲気」が、集中して遊べる環境の要素となっています。

関連するキーワード

トップページへ戻る