プレパレ−ション

 「知らないこと」には、人は本能的に恐怖を覚えますし、「理由もわからず痛いことをされる」「よくわからないのにベッドや部屋に閉じ込められる」となれば、パニックになったり、そのようなことをされることを拒否するのも当然といえます。

 このため、チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)や病棟保育士のサポートなどによって、病院での生活や、これから行われる手術や検査、治療などについて、その目的やなにが行われるのかなどを、状況や年齢に合わせてこども本人に説明し、納得してもらうプロセスを踏む「プレパレ−ション」が多くの医療機関で導入されています。医師が、こどもやそのきょうだいに、患児本人の病状やこれからの見通しを伝えていく(告知)ことも多いですが、プレパレ−ションではこれから行われる医療行為への「心の準備」をサポートすることに焦点が置かれます。

 一度病院や医療行為に対して恐怖心がつくと、こどもにとって一生のトラウマになりかねませんし、治療に向かう意欲が削がれてしまいます。こども1人ひとりの状況に合った言葉遣いや方法によるプレパレ−ションは、こども自身の意欲を引き出し、治療に立ち向かうことや、病気や怪我に打ち勝った経験が将来を生きる原動力ともなっていくと期待されています。

【参考文献】山崎仁美:「発達段階の特徴とプレパレ−ション」, 『急性リンパ性白血病闘病記 小児がん情報サイト 輝く子どもたち』, 参照2013.03.25

【参考文献】藤井あけみ:『チャイルド・ライフの世界 −こどもが主役の医療を求めて』、小学館、2010.07.29

 この写真は、手術室を含む院内数か所をスタンプラリーしながら探検し、院内を見学している様子を紹介した写真です。このツアーでは、最初にプレイルームに行くことで、病院は怖いものではないと患児に感じてもらっているそうです。また、MRIを「洞窟」ストレッチャーを「バス」、検査を「洞窟探検」などと表現することで、検査の過程をこどもにとって理解しやすいプロセスにかみくだいています([物語が編み込まれた環境])。院内を周りながら、スタッフと触れ合うことで、なじみの関係がつくられ、恐怖心が低減されていきます。

【参考文献】高柳和江(監修),『癒しの環境研究会(編集):生きる歓び☆アゲイン 癒しの環境でめざめる生命のネットワーク』, p86 

 この写真は、人形を使ってお医者さんごっこしている様子です。このような活動を事前に行うことで、医療行為の内容を理解し、医療行為への不安が軽減される(なにをするかがわかる)ことが報告されています。また、医療スタッフとの心理的な距離が近づき、なじみの関係が形成されます。ごっこ遊びを通して、こどもたちの不安が吐露され、それらを医療スタッフや保育者が受け止めることができるケースも報告されています([「演じ」て理解する]も参照してください)。

【参考文献】及川郁子(監修), 古橋知子, 平田美佳(責任編集):『チームで支える!こどものプレパレーション』, p106

 入院生活についてのガイドなども、こどもや家族の不安を軽減させ、病棟へのなじみを助けます。

 こちらは、病棟での生活についての手作りのガイドブックの例です。絵本風に作成されており、こどもたちが自分で読むことができるように工夫もされていて、こどもたちの主体性を引き出しています。

関連するキーワード

トップページへ戻る