地域との連携

 地域との関係は、こどもたちの療養生活を支えるとともに、地域での生活に移行・復帰していくための重要なアンカーになります。

 病院で過ごすこどもたちにとっては、保育所や幼稚園、こども園、学校や、先生、友達とが、多くの場合「地域(日常生活)」との接点になるでしょう。そうした存在との関係が続くよう、サポートをしたり、仕組みを提供できる環境をつくりたいものです。“続く”だけではなく、書類上では入学/進級しているけれどまだ登校できていないクラスで、見知らぬ「ともだち」が待っている環境、そのような関係を新たに“つくる”こともあるでしょう。

 病棟保育士や、患児の担任の教員や保育者との連携によって、このような環境がつくられている事例がしばしば報告されています。

 また、地域からボランティアの方に来ていただいての、様々なイベントや保育のサポートなども地域との関係づくりの事例と言えます。このようなボランティア活動の受け入れによって、地域に良き理解者が増え、地域の人的・物理的環境の醸成につながっていくでしょう。

[食べ物を育てる体験],[食べ物を知り、楽しむ],[調理との関わり]

 ボランティアの方が、手遊びや読み聞かせの会を開きます。プレイルームが会場に使われ、出てこられるこどもたちが、ときには家族と一緒に、集まってきます。入院生活が長いこどもたちにとっては、日々にちょっとした変化を与えてくれるイベントであり、楽しみになります。

(富山大学附属病院)

 病棟を、ボランティアのクリニクラウンが訪問して、プレイルームや病室でこどもたちに芸を見せてくれたりという笑いの時間をつくっています。こどもや家族にとって、気分転換にもなる楽しいひとときです。

 この写真の病棟では、ラウンジ、こどもの見舞客のためにワニ形の遊具を置いています。入院患児のきょうだいがお見舞いに来たときなど、病棟には(感染症の予防のため)入ることができず、居場所がないということもしばしばあります。このような設えによって、こどもがお見舞いに喜んで来られるようになり、家族の関係や、学校などの友人との関係が継続されていくことが期待できるでしょう。

【参考文献】シンシア・レイブロック(著), 常田益代(訳), 服部由紀子(訳):『ヘルスケア環境のデザイン −世界の事例にみるその思想と細部設計』, p243

 ほかに、障碍をもちながら退院していくこどものために、NICUを中心にした地域の医療とそのサポートの体制を医療、保育、行政、学校、施設を含む協議会によって構築していこうと、勉強会や症例検討会を定期的に開催している例もあります。医療が「医療機関」に閉じたものではなく、地域全体でかたちづくっていくものとして再生されている事例と言えます。このような活動によって地域の方の医療への関心も高められることや、地域のコミュニティの醸成も期待できます。

【参考文献】帆足英一 (著), 長嶋正実 (著):『実践 医療保育 いま−現場からの報告』, p121

関連するキーワード

トップページへ戻る