時間の共有

 こどもは、今日という日をどのように過ごしたのでしょうか。誰と関わり、どのような体験をして、何を感じ、それがどのような発話となって現れてくるのでしょうか。

 保育の時間を保育者と家庭で共有することは、こどもの体験や成長・発達を統合的に捉えることにつながります。こどもがふとした時に発する一言、それが何を意味することか、どのような背景から生じた一言かを理解して接することで、こどもの成長・発達を全面的に受け止めることができます。

 またこのような情報共有は、家族での会話の端緒ともなり、その積み重ねは体験や感情を言語化することの訓練にもつながります。言語化は記憶を強化するため、望ましい行為や発話の学習効果も期待できます。

 病棟など療養環境での保育場面には、家族が立ち会うことがほとんどですが、こどもたちどうしで遊んでいる様子や、保育者とこどもが検査や治療前のプレパレ−ション([プレパレ−ション])を行った際の反応など、共有すべきことがらはしばしばあります。

 日々のちょっとしたことを書き留めておくノートやスケッチブック、小さなメモなど、話すだけではない伝達・共有の方法は、記録として残っていきます。

 行事があれば、その出来事をポスター風にまとめて掲示するなどの取り組み例もしばしば見られます。一年間のイベントが、随時更新されながら展示されていれば、入院してきたこどもや家族がこれからの見通しを立てたり、期待をもって入院生活を送る手がかりにもなるでしょう。

 写真は、保育所でのイベント報告の掲示物です。保護者がその内容を理解するとともに、こどもたちが保護者と一緒に、そのとき感じたことや自分がどのように参加したかなどを話すきっかけになっています。

 保育所での取り組みの例です。その日にあったことを、保育者がスケッチブックに書いて、展示しています。時間等の関係で、1人ひとりについては書くことができなくても、「プレイルーム通信」「病棟保育通信」のようなかたちで、記録・発信していくことはできるかもしれません。

 小中学生の入院などの場合には、家族が常時付添をしていない場合も多いため、このようなかたちでの記録があると、ご家族にとっては嬉しいのではないでしょうか。こうした情報提供によって保育内容を共有することで、家庭と保育者が連携してこどもの育ちを支え、またこどもの気持ちを受け止める土壌をつくっていくことができます。

関連するキーワード

トップページへ戻る