アプローチの期待感

 こども病院の外構からエントランスまでの空間や小児病棟の入口など、「外」から「中」に入るまでのつなぎの空間をアプローチ空間と呼びます。こどもと付添家族は、アプローチ空間を通って病院や病棟に入ってきます。このアプローチ空間は、環境が大きく変わることの衝撃をやわらげるクッションの役割を果たすとともに、「中」の環境への期待感をくすぐる仕掛けともなり得ます。ここで、そっけないとか、威圧的なアプローチ空間では、こどもたちの不安感や恐怖心が増してしまうことがままあります。逆に魅力的なアプローチ空間は、こどもたちの気持ちを家から病棟へとゆっくり切り替えるお手伝いをすることができます。

 魅力的なアプローチ空間の要素としては、光が差し込む開口部や大きな空間(中庭や吹き抜けなど)、明るい色調の内装、壁や天井、窓、柱などへの装飾や絵画の展示、オブジェなどが挙げられます。装飾や絵画、オブジェなどの要素は、こどもと保護者や保育者とのk会話のきっかけにもなります。印象的なオブジェなどは、その環境を象徴する「顔」の役割も果たし、こどもと環境をつなぐ心理的なアンカーにもなります。

 写真の小児病棟では、病棟入口の柱を囲むように、汽車のオブジェがが設けられています。ポップな色調の、こどもたちに人気のモチーフである汽車のオブジェがあることで、入院するこどもの恐怖心を軽減させます。このオブジェは、患児の家族がつくったもので、いまは病棟のシンボルとなっています。またここは、こどもたちの遊び場のひとつにもなっています。

(富山大学附属病院)

 この写真の病棟では、病棟の入口を含めて病棟全体の壁や床に動物(の足跡)や植物などの装飾がされており、その様子が病棟へのアプローチ空間からよく見えます。入口左手すぐの場所に、プレイルームも見えます。こどもたちはこの雰囲気によって、安心感や期待感をもって病棟に入れます。またこうした装飾は、こどもと保護者の会話のきっかけになっています。

 病棟の入口が見渡せる位置にあるスタッフステーションは、プレイルームや病棟入り口に向かって大きな開口がとられていて、こどもや付添家族が病棟スタッフに気軽に声をかけやすい雰囲気を演出しています。

関連するキーワード

トップページへ戻る