表現する−音楽

 音楽は、音やメロディ、リズムを通して身体能力や感性を育てます。また、音楽は表現のひとつのかたちでもあります。日々のさまざまな思いを、絵画や制作、音楽、演技、お話などによって表現することは、ストレス下にあるこどもたちの成長や生活の観点からとても大切なことです。音楽を通して表現をしたり、それを聞くことは、こどもの情緒を安定させたり、どのように音を紡ぐかといった考えを助けることもあるでしょう。また、音楽を通して生活に楽しみを得ることができるでしょう。

 音楽が治療の一環に用いられる場合もあります(音楽療法)。音楽療法では、楽器の演奏や、歌を唄うこと、音楽に合わせて身体を動かすこと(リトミック)などを通して、こどもたちの心身の健康の回復やストレスの発散をはかる事を目的としています。

 プレイルームに、電子ピアノ(キーボード)やドラムを置いており、こどもたちが気軽に音楽にふれあう機会を設けている例などがあります。また、病院付属の教会など「特別な場所」で、オルガンに触らせてもらうことが楽しみ、というこどもの話も伺います。小児病棟などでは小さなこどもさんから、高校生、ときには成人(キャリーオーバー)の患者さんと、幅広い年齢層の方が療養していることがあります。ピアノやドラムなどは、特に小学校の高学年以上のお子さんで、自分の思いをなにかで発散させたり、表現したいと思われる患者さんにしばしば使われていました。

 保育施設の事例ですが、こちらには音楽遊びのゾーンが作られており、こどもたちが楽器を見えるように楽器が並んで片付けられています。こどもたちに音楽の道具が「見える」ことで、触りたい、音を出して遊びたいという意欲をかき立てています([遊びの可視化])。

(富山大学附属病院)

  この病棟では、プレイルームに音楽プレーヤーを置いています。ゆったりとした曲や、楽しげな曲など、遊びやくつろぎなど滞在のシーンに合わせて音楽を流すことで、楽しい気持ちになったり、リラックスして活動することができるよう配慮されています。

関連するキーワード

トップページへ戻る