多様性を体感する

 近年では、多様な出自のこどもたちが一緒に生活する場面が増えてきました。こどものころから、それぞれ多彩な文化や言葉を有する国や地域があり、職業や肌の色、宗教や考え方などもさまざまな人々がいることを体験的に知っていることは、こどもの多様性への感受性や寛容さ、国際性などの土台になります。また、外国籍や多様なルーツのこどもやご家族が疎外感をもたずに、安心して療養に向かうことができる環境づくりも重要です。

 お世話遊びのゾーンに置かれたベッドの上で、肌や髪の毛の色が違う人形たちが仲良く並んで、寝ている様子の写真です。

 人間は生き物としての本能ゆえに、見たことや聞いたことがない、少ないなど自分(たち)とは違う要素が多いさまざまなモノに対して、興味を覚えることもありますが、同時に違和感や緊張感を持ってしまうこともあります。さまざまな文化があり、さまざまな人がいることを体現した環境は、ここには(世界には)さまざまな人がいることを伝えるメッセージそのものであり、多様なルーツのこどもやご家族を迎え入れる姿勢を示すものです。そして、髪の色や肌の色が違うことは特段気にすることでもない、当たり前のことという感覚を育てていきます。

 遊びの環境など以外にも、ゆかりのある国の地理や風土、宗教、食事などを紹介するなどの取り組みも、それぞれの国や地域への興味関心を育て、「知る」ことを通して、受容や愛着の土台をつくります。

 保育施設での事例の写真です。この園では、園児のご家庭に協力していただいて、それぞれのお国の代表的な料理をこどもたちに紹介したり、園で料理を出したりといった取り組みをしています。またそうした機会をきっかけにして、お国の立地や文化、風土などを紹介してもいただくそうです。こどもにとっては、当たり前で気づきにくいことですが、自分たちが普段食べているものも、ひとつの文化であることに気づく機会にもなるでしょう。

関連するキーワード

トップページへ戻る