読み聞かせの演出

 読み聞かせは、こどもと親や保育者、または小さなこどもと本を読めるようになった年上のこどもが同じ時間や物語を共有する機会です。お話を聞くことに意味があるばかりでなく、時間や物語を大好きな人と共有することをこどもたちはとても喜びます。こうした意味で、読み聞かせは本の内容そのものに加えて関わりのなかで、思考力や豊かな感性や心情、関わりを喜ぶ態度を育てます。

 写真は、あるこども園の3〜5歳児クラスの絵本のスペースです。いまこどもたちが興味を持つだろう本、こどもたちに読ませたい本が箱に簡単に入っています。家庭にあるのと同じサイズのソファが置かれ、スポットライトで照らされた空間になっています。ここで絵本をひらき、保育者やこどもたちどうしが身を寄せ合って、スポットライトの光のなかでお話の読み聞かせをしているとき、その場には凝縮した一体感が生まれています。照明の効果で、物語や関わりに集中できる環境がつくられていると言えます。

 物語に集中できる環境は、空間の大きさでも演出することができます。身を寄せ合って座るような、囲われた小さな空間(デン)は、現実世界と切り離されてこどもたちが夢想の世界に遊ぶことを助けてくれます。写真では、棚や家具などで囲まれ感を出しつつ、壁に設置されたスポットライトでも光による演出をしています。

 病棟プレイルームでの読み聞かせ会の様子です。こどもと家族が小上がりの段差に腰掛けて、読み聞かせの会に参加しています。親子がペアで読み聞かせをできる場や、このように親子がペアの観客として参加できる場とがいずれも必要であることがわかります。

関連するキーワード

トップページへ戻る