ショウ&テルの機会

 自分の考えや経験を少し改まった場面で人に話す、人の話を聞くという経験は、場面に応じた話し方や態度の習得など、人と関わる力を育てます。また、仲の良い友達どうしで雑談をするというだけではなく、テーマのあるお話を筋道立てて話すことで、思考力や感性、豊かな言葉が育ちます。

 保育施設等では、朝の会や小さな劇遊びの機会などで、日常的にショウ&テルの機会をもっていることがしばしばあります。療養生活のなかでさまざまな人や場面を体験するこどもたちですが、「自分の」考えや経験、希望などをきちんと言葉にして伝える経験は(療養生活が長くなるほど)その後の生活場面で重要になるのではないでしょうか。

 プレイルームでの、ボランティアによる出し物の機会です。このような場面(日常生活から少し切り離された場面)で、「名前」や「好きな食べ物」などの簡単な問いに、改まった言葉でやりとりをするなどが、ショウ&テルの機会になります。

関連するキーワード

トップページへ戻る