「基地」空間

 こどもたちは、乳児期から探索行動の拠点として心理的な「安全基地」を必要とすることが知られています。安全基地は、しばしば母親や保育者を指して言われ、見守ってくれている人、何かあればいつでも助けてくれる人、不安を感じればその人のところへ戻れるという確信が、積極的な探索を誘うとされています。

 母親や保育者といった人だけでなく、物理的な「基地」や「拠点」となる空間や場所も、こどもたちの心理的な安全基地となります。どうしても大人(治療者)のペースが優先されてしまいがちな療養環境にあって、こどもたちが「ここは自分の場所」だと思える心理的な安全基地をもてることは、環境へのなじみを助け、こどもの自己尊厳を守ることにつながります。このような場所では、こどもたちは保育者や保護者が一緒にいなくとも、集中して、そして安心して遊び込むことができます。これはこどもたちの主体的な活動や、自主的に動こう、遊ぼうという意欲の成長のサポートとも言えます。このような心理は、自律と自立の精神の成長や、情緒の安定にもつながります。また、自分や自分たちだけの場所を見つけると、そこに何らかの見立てや意味づけをしたり、場所や空間のカスタマイズやアレンジをしたりしようとする行動もしばしば見られます。例えば「基地」に玩具を持ち込んで遊ぶなどもその一つです。空間をパーソナライズするこうした行動のなかで、思考力も育ちます。

 プレイルームの窓辺に設けられた小さなスペースに、こどもたちが集まって話をしています。窓からは街の様子が見えます。プレイルームから、この場所の様子は見えるのですが、この場所の「なか」にいるこどもたちにとっては周囲から意識的に切り離された自分たちだけの居場所です。ここは少なくとも今この瞬間は、彼らだけの「基地」で、「隠れ家」となっています。

 このように、周囲や上部を覆ったり囲んだりする要素があることで、その場所は安定的な・守られた雰囲気をもちます。

 作り付けの家具で囲まれた場所に、さらにおもちゃの箱を加えて「囲まれた」空間性を強めています。発泡プラスチックのブロックや、大型の木のブロックなど、こどもたちが簡単に動かせるモノも、こどもたちの「基地」づくりを助けます。こどもたちが自分たちで空間をアレンジしやすいことで、自分たちの拠点を積極的につくろうという気持ちになれます。それが可能だと認識することは、自主性とともに、こどもたちの自信も育てるでしょう。

関連するキーワード

トップページへ戻る